日本計算数理工学会(JASCOME)
Japan Society for Computational Methods in Engineering


  計算数理工学シンポジウム2018 (JASCOME symposium 2018)

毎年恒例の計算数理工学シンポジウムを現在次のように準備いたしております.
詳細は追ってこの場において発表致します.


日時:2018年12月1日(土)午後(14時開始を予定)~2日(日)午前(時間は予定)
場所:群馬県利根郡 水上館 (〒379-1612 群馬県利根郡みなかみ町小日向573)
アクセス:
  • 新幹線 上毛高原駅より,13時発の送迎マイクロバスで約15分(要予約)(予定)
  • 在来線水上駅より,随時電話で迎えあり,あるいは,徒歩15分程度.
実行委員:廣瀬壮一(東京工業大学), 斎藤隆泰(群馬大学)

投稿要領: こちらを御覧下さい。昨年度から著作権の取扱いが変わっていますので、ご注意ください。
また原稿は以下の様式にしたがってご準備下さい。


論文原稿サンプル:
論文原稿TeXサンプル(tgz utf-8)
論文原稿TeXサンプル(zip sjis)
原稿執筆要領(PDFファイル)

※論文は4ページまたは6ページの偶数ページで仕上げてください

講演申込:
こちらよりお申し込み下さい。

参加費
JASCOME会員は参加費(論文集1冊を含む)は 無料です。非会員も参加費は無料ですが論文集は含みません。ただし非会員である第一著者を除きます。 なお、論文集は1冊3,000円で頒布します。会場にてご購入いただくか、別途電子メール(jascome@gspsun1.gee.kyoto-u.ac.jp)にてお問い合わせください.

論文掲載料
論文集へ掲載可と判定された論文の著者は,後日請求致しますので25,000円お支払い下さい。論文集1冊と別刷50部の代金に充当します。論文集はシンポジウム開催 当日お渡しします.また,別刷り50部はシンポジウム終了後発送します。

なお、次の要件を全て満し、特に優秀な講演を行った者に対する「日本計算数理工学会講演賞」を設けております。(要件)当会会員、学生、30歳未満、当該年度の計算数理 工学論文集に論文掲載、当該論文の第一著者。また、論文集掲載論文は次年度の「日本計算数理工学会論文賞」選考において評価対象論文となります。

スケジュール :
論文送付期限 2018/9/14(金)
査読結果通知 2018/10/16(火)
修正原稿提出期限 2018/10/19(金)
最終原稿提出期限 2018/10/26(金)
symposium当日 2018/12/1(土)-2(日)

日本計算数理工学会では、計算数理工学シンポジウムにおいて特に優秀な講演を行った者で、下記の条件を満たす者に対して「日本計算数理工学会講演賞」を呈賞致しております。
(要件)当会会員、学生、30歳未満、当該年度の計算数理工学論文集に論文掲載、当該論文の第一著者

2017年度の受賞者は以下のように決りました。おめでとうございます。

Sathwik Bharadwaj (Worcester Polytechnic Institute)
松島慶(名古屋大学大学院)


過去のJASCOME(ACOME)

トップページへ