(Obsolete.近日中にupdate します)

まず最初に、計算力学講座は学術情報メディアセンター北館にあります。広大なスペースを情報系の2講座と共有しています。是非訪問してみてください。

皆さんは何を基準に研究室を選ぶのでしょうか?研究内容、教官、学生の雰囲 気、院試対策など色々考慮することだろうと思います。ここで少し我が計算力学研究室の紹介をさせていただきます。



研究内容

構造物の力学が成熟した現在、通常の使用状態で土木構造物が壊れることはま ずありません。ですから、阪神大震災のような特別な状況でもない限り、構造 物がたとえば梁の真ん中からぽっきりと折れるような壊れ方をすることはまず あり得ません。構造物が破壊するならば、なんらかの欠陥があって、それが引 き金になっているはずです。ですから、構造物の破壊を考える場合、皆さんが 習った構造力学の様な解析はあまり役に立たず、クラックのような欠陥の存在 を考慮した詳細な力学解析(たとえば破壊力学等です)を行うことが必要になり ます。ところが、詳細な解析を行うためには手計算はあまりにも無力です。そのた めに、計算機の助けを借りる力学、すなわち計算力学を使います。一方、構造 物が欠陥を有しているかどうか、あるならばどんな欠陥があるのか調べること が重要であることも理解して頂けると思います。その為の手法として非破壊評 価があります。このような認識から、当研究室では中心的な研究テーマを計算 力学と非破壊評価とに据えています。

計算力学においては、特に境界積分方程式法(いわゆ る境界要素法)の研究に取り組んでいます。最近の主な関心は超大型問題 の高速解法、逆問題への応用、構造音響問題への適用などです。非破壊評価の 研究においては、超音波を用いた構造物内の欠陥の検出を行なっており、これ は逆問題の計算力学的研究ともlinkしています。以下、もう少し具体的に述べ ます。

  • 積分方程式の高速解法に関する研究(数値解析)