next up previous contents
Next: 単位荷重法による変位の求め方(静定トラスの場合) Up: トラスにおける仮想仕事 Previous: 仮想仕事の原理

仮想仕事の応用

仮想仕事の原理を応用してみよう.本講義では, という二つの事項への応用について触れたい.これらは応力法 の話である.さて,構造物の解析法は大別して,応力法と変位法 に分けられる.両者の特徴を大雑把に言えば次の通りである.



 

Ken-ichi Yoshida
2001-04-18