next up previous contents
Next: 座屈後の安定性 Up: 座屈理論の応用 Previous: 座屈理論の応用

トラスの座屈

ここでは,トラスの座屈について述べる.トラスの座屈荷重は次の手順で求める.
例題
次のトラスの座屈荷重を求めよ.(EI,A一定)

\begin{figure}
\begin{center}
\leavevmode
\epsfxsize=7cm
\epsffile{fig10-909.ps}
\end{center}\end{figure}
さらに次の例題を考えてみよう.
例題
次の構造物が座屈を起こす分布荷重qを求めよ.

\begin{figure}
\begin{center}
\leavevmode
\epsfxsize=4cm
\epsffile{fig10-34.ps}
\end{center}\end{figure}
柱の軸力(はりの中点にかかる力)を R とする.R は圧縮を正にとっている.

\begin{eqnarray*}中点のたわみ &=& \frac{5q\ell^4}{384EI} - \frac{R\ell^3}{48EI} ...
...\left( \frac{\ell^3}{48EI} + \frac{h}{EA} \right)}{5 h^2 \ell^4}
\end{eqnarray*}




Ken-ichi Yoshida
2001-04-18