next up previous
Next: 解析条件、解析法 Up: 多重極積分方程式法を用いた3次元静弾性クラック問題の解析 Previous: の計算

数値解析例





N. Nishimura
Thu Sep 10 18:18:20 JST 1998