next up previous
Next: 7. (#bie#235>)の積分の評価 Up: 新しい多重極積分方程式法のアルゴリズム Previous: 5. 指数展開係数の移動と局所展開係数への変換

6. 局所展開係数の計算の完成(下向)

一般に、あるlevel l のcell C において、 の計算に考慮される は、全てのlevel l のcellのう ち、C と、C に隣接するcell(最大で合計9個)を除いたものに含まれる 要素の合併集合であるが、このうち、前段階で評価されていないものは 次のようにして求められる。まず、第2 levelの各cellの中心における展開係数 は前段階で計算が完了する。level l (>2) のcellについては、 自分の親の局所展開係数を従来法と同様に展開中心を親の中心から自分の 中心に移動の後、前段階で求めた局所展開係数に加えれば が求められる。



N. Nishimura
Tue Nov 30 16:38:10 JST 1999