next up previous
Next: 多重極展開点の移動(M2M) Up: 動弾性問題における多重極境界積分方程式法の新しい定式化 A NEW FORMULATION Previous: 多重極展開

局所展開と係数の変換

以上で導いた新しい多重極展開によれば,多重極展開点の移動(M2M),多重極 モーメントの局所展開係数への変換(M2L),局所展開点の移動(L2L)に伴う変換 公式は,以下のようにスカラー波動の場合と同一となる.なお,諸式は一重層, 二重層,P波,S波の別に依らないので, MnT,LU MnT,LW 等を 一括して MnInT,LOnT,L 等を InOn 等と書く事にする.



 

Toru Takahashi 平成12年6月25日